川辺で抱き合うカップル

まるで運命のように出逢い、一生を共に過ごすと約束し、一緒に歩んできた2人。

夫婦は一緒になったとしても何かの理由で離婚をしてしまうこともあります。

離婚をした後も元夫のことを忘れることはできずに「元夫と復縁したい」と思うこともあるかもしれません。

しかし、離婚をした後に復縁するためには、自分の気持ちだけでなく元夫の気持ちも重要になってきます。

離婚をした後に元夫と復縁するために何ができるのか紹介します。

元夫と復縁したいと思ったときにできる6つの対処法とは?

タキシードの男性と抱き合う女性

「元夫と復縁したい」と思うなら、当然行動をする必要があります。

ただ、どのような行動するかによって復縁の成功確率は違ってきます。

どのような行動が元夫の復縁の可能性を高めることができるのか紹介していきます。

自分の人格を磨く必要がある

元夫と復縁するには自分の人格を磨いて成長させる必要があります。

自分の人格の磨き方は人それぞれによって違いは生じますが、元夫の気持ちを変化させることが大事になります。

そのため、もし元夫が「生活能力のない妻とは一緒にいられない」という理由で離婚したなら、生活能力を養うために家事や炊事などのやり方を学んでいく必要があります。

また、「すぐにイライラして当たる癖があるのがストレスになる」という理由で離婚されたなら、自分のイライラ癖を直すことができるように努力していく必要があるでしょう。

自分の欠点を直すことは難しいことですが、自分の欠点を直さない限り元夫との復縁に一歩前進していくことは難しいです。

そのため、自分が成長した姿を見せるためにも、まずは自分の人格を磨いていきましょう。

定期的に会える状況を作る

元夫と復縁するためには、実際に何度も会って離れた気持ちをもう一度近づける必要があります。

復縁するためにも定期的に会う必要がありますが、そのためには合うきっかけを作る必要があります。

離婚してしまえば2人は夫婦から他人になってしまいます。

そのため、事情や理由が無ければ定期的に合うことは難しくなります。

夫婦の間に子供がいれば子供との定期面談や学校行事などで合う手段を作ることができるため、夫婦として合う理由を作りやすく定期的に合うことができます。

しかし、子供がいない場合は定期的に合う理由を作るために食事に誘ってみたり、友人と一緒に数人で集まる必要が出てきます。

食事への誘い方は「ちょっと相談したいことがあるんだけれど」と言って元夫を誘ってみるとか。

元夫が2人で食事をするのに抵抗があるようであれば「友人と一緒に食事に行くけど、一緒にどう?」とフランクな感じで誘ってみましょう。

定期的に会っておくことで元夫も「最近元妻は雰囲気が変わったな」、「以前と違って穏やかになったな」など自分の状況を元夫に知ってもらうことができます。

元夫に良い印象を与えるためにも食事や会話の際は穏やかにいることを心がけておきましょう。

そのようにすることで、次につなげることができるはずです。

おしゃれに気を使うようにしておく

元夫に会う前に自分のおしゃれに関しても気を使うようにしておくべきです。

おしゃれをして綺麗にししておくと元夫の自分に対する気持ちも変化することが多いです。

一緒に夫婦として住んでいたときはおしゃれに気を使うことはなく、元夫も妻に対して女性らしさを感じなくなっていたかもしれません。

しかし離婚してから女性としてメイクの方法や髪型、ファッションなどを勉強して綺麗にしていれば、元夫も心に変化が生じるはずです。

夫婦のときにはあまり女性として意識してしてなくても、離婚した後に綺麗になっていれば「自分の元妻はこんなに綺麗な人だったのか」と惚れ直すこともあります。

おしゃれが苦手という人もいるかもしれませんが、おしゃれをして綺麗になれば元夫も男性なので、心が動きやすく「復縁したい」という思いが強くなるでしょう。

元夫に会った際に感謝を言う

離婚の原因にはいろいろありますが、離婚をした際に相手を非難する言い方をしてしまっては、元夫も「離婚をして正解だった」と自分に悪いイメージを付けてしまうこともあります。

そのため、離婚をした原因を責めるのではなく、結婚をした際に得られた良い点を元夫に伝えて感謝を述べましょう。

例えば、「あなたと一緒にいることができて料理を真剣に学ぼうと思ったから、今料理がとても好きになったの」と結婚をして良かったことを伝えることができます。

結婚をして良いことを伝えると元夫としても「あの結婚は確かに良いところもたくさんあった」と思い出すことができます。

元夫が結婚生活で得た良い点を思い出せば、「もう一度復縁したい」という思いを持つ可能性も高くなります。

また、何か結婚生活で良いことを言った後は「ありがとう」と言う言葉を述べることもできます。

「ありがとう」と言う感謝の言葉を述べることで、元夫としては再婚を前向きに考えやすくなります。

このようにして元夫の復縁を促すことができます。

話す際には感情を抑えるようにする

元夫と話し合うことができるなら感情を抑えるようにするすることも大事になります。

元夫と話しているときに「結婚生活は大変だったよ」などふと「イラッ」とさせられる言葉を聞いてしまうこともあるかもしれません。

そのようなときは「イラッ」とさせられた言葉に買い言葉で、今まで募っていた不満を一気に放出してしまうこともあるかもしれません。

しかし、そのような言葉を浴びせれば、当然「またイライラしているよ」、「変わっていないな」と呆れてしまうこともあります。

元夫と話すときには感情をコントロールできるようにしておく必要があります。

元夫自身も皮肉や避難で言っているのではなく、自分の正直な感情で話をしていることがほとんどです。

悪気があるわけではないので「イラッ」としたときには、自分の感情をコントロールできるように深呼吸して「この言葉を言えば相手はイラッとするか」、「場の空気が悪くなるのか」と言う点を考えてから言いましょう。

自分が感情をコントロールできるだけでも、元夫の話し合いを平穏にでき、自分に対する印象をガラリと変えることができるので、復縁に向けて良い話し合いとなります。

アドレスや番号はそのままにしておく

復縁の可能性を少しでも高めておきたいなら電話番号やアドレス、SNSなどの変更はしないようにしておくべきです。

元夫から何か「連絡をしたい」と思ったときに、電話番号やアドレスなどを変更すると連絡をすることができなくなって、そのまま自然消滅してしまうこともあるからです。

また、全ての連絡手段を変えてしまうと、元夫から連絡をするのが難しくなってしまい「拒絶されてしまったか」と思い「相手には再婚の気持ちが少しもない」と捉えられてしまいます。

このようになってしまうと疎遠な関係になってしまい、「再婚したい」とこちらが願っていても再婚することは難しくなってしまいます。

そのため、アドレスや電話番号、SNSの中でも、どれかはそのままにしておいて変えないようにしておくことが大事です。

「元夫から話し合いをしたい」と思うこともあるので、その機会を逃さないようにしておくべきです。

【参考】離婚して復縁したきっかけ

絶対に元夫と復縁したいあなたへ

「元夫と復縁したい・・・そのためならなんだってできる!」そう思っている人が、この記事を読んでいるのでしょう。

相手のために自分の行動を振り返り、反省する。それは誰にでもできることではありません。

努力する覚悟はあれば、復縁までの道のりは短いのではないでしょうか?

努力にプラスしてできることがあるとすれば、その努力が間違った方向に進んでいないか、あなたの元夫の性格に合ったものかを判断することだと思います。

お二人のオーダーメイドの復縁方法が知りたければ、占い師の先生に相談してみるのも一つの手です。

復縁に強い占い師なら、幾多の復縁を成功させてきた実績があるため、あなたの悩みに的確に答えることができたり、スピリチュアルなパワーで復縁を後押しすることもできるでしょう。

私みずほがオススメする占い師をご紹介しますので、ぜひご覧になってみてください。

離婚した元夫と復縁したいときに考えるべき注意点とは?

夕日に向かって抱き合うカップル

「元夫と復縁したい」と思い、元夫との復縁を願って直ぐに行動に移したいと思うかもしれませんが、元夫と復縁する際に考えるべき注意点もあります。

勢いだけで元夫と復縁しようとするなら、また同じ間違いを繰り返してしまいます。

元夫と復縁をする前に考えるべきことには何があるのか紹介していきます。

復縁後のことを考える

まず初めは「なぜ元夫と復縁したいのか」という点を考えるべきです。

元夫と復縁したい理由には人それぞれ理由があるはずです。

「離婚してから元夫の大切さに気付いた」という人や「離婚してから無性に寂しくなってしまった」、「経済的に苦しくなってしまった」という人などもおり、これらの理由から「元夫と復縁して自分の欠点を補いたい」と思います。

確かに、これらの理由でも復縁の理由にはなりますが、復縁する際には多少なりにも愛情が必要になります。

全く愛情がなくて復縁を願うなら、復縁が仮にできたとしても直ぐに不仲になって離婚問題に発展することもあります。

相手の欠点なども多少は目をつむることができなければ、直ぐに結婚生活にもイライラしてしまって結婚生活がダメになってしまうこともあります。

復縁したい場合には、復縁したときに「自分はこの人とまた結婚生活をうまく行っていくことができるだろうか?」、「自分はずっとこの人と一緒にいることができるだろうか?」という点を考えて、復縁後は結婚生活をしっかり続けていくことができるのかを考えていく必要があります。

離婚の原因が夫であればすでに許しているか

夫婦によって離婚の原因はいろいろありますが、復縁を願うときに夫が原因で離婚してしまったなら「すでにそのことを許しているだろうか」という点を考える必要があります。

元夫が離婚の原因であれば例えば浮気などがあります。

浮気をしたことが許せなくて離婚をしたものの、復縁する際にまだ元夫が浮気をしたことを許すことができないのであれば、復縁したときにちょっとしたことで「浮気をするような人だものね」と元夫に攻撃的な態度をとってしまうこともあります。

元夫も復縁しても離婚の原因を妻から言われてしまうなら「まだ許されていないのか」、「いつまでも根に持たれるんだ」と元夫にも不満を持たれてしまい、直ぐに喧嘩になって離婚してしまうことにつながります。

そのため、元夫と復縁するときには夫の価値観や夫の行動などを許しておくことが大事になります。

とりわけ離婚の原因について許しておかなければ、同じ理由で別れてしまう可能性が高くなります。

離婚の理由は許しておき、復縁した後は持ち出すことがないようにすべきです。

元夫の考え方が変わっているか

復縁する際に元夫の行動などが変化しているかも見ておく必要があります。

元夫が浮気癖があり、「その浮気癖がしっかり治っているのか」、「浪費癖があり、少しは自分を自制することができるのようになっているのか」という点を見ておく必要があります。

もし復縁しても元夫の行動や考え方が変わっていなければ、直ぐに離婚の原因になってしまい、夫婦としてうまくやっていくことはできません。

復縁を成功させるには、少なくとも元夫の協力が必要になってくるので、元夫の行動などが変化していなければ結婚生活をうまく続けていくことができません。

自分の復縁したい理由のみが先行してしまい、元夫の行動などが少しはマシになって改善を見ることができるのか考える必要もあります。

【参考】復縁するための期間はどれくらい?

復縁しやすい離婚とは何か?

冬に手をつなぐカップル

離婚にもいろいろな原因がありますが、離婚のパターンによっては復縁がしやすいときがあります。

どのような離婚であれば復縁が行いやすいのか内容を紹介していきます。

双方の両親との関係が良い

離婚をしても復縁ができる可能性を持つ夫婦は2人の関係だけでなく、「お互いの両親の関係がどうなのか」という点も大事になってきます。

両親は通常自分の子供をかわいがるので、離婚してしまった場合相手に対して悪いイメージを持つことが多いです。

しかし、離婚する前に夫側の両親と仲良くなることができていれば、両親側としては離婚をしてしまっても夫ではなくて妻の側に立って応援してくれることもあります。

両親という存在は復縁をするのに大事な要素となることがあり、夫側との両親との関係が良いことで両親が夫に「復縁した方がいい」と説得してくれることもあります。

両親の説得があれば復縁をしやすくなる可能性が高くなるので、離婚前には夫側の両親と良い関係を築いておくのが大事になります。

子供がいる場合

離婚したときに子供がいる場合は、復縁しやすい環境となります。

夫婦というのは子供が生まれれば子供のとを中心に生活をしていくようになります。

そのため、一旦離婚を決意して双方とも違う生活になったとしても、しばらくると「自分の子供に会いたいな」と子供に会いたがるようになります。

特に「子供には苦労させたくない」と考える夫婦は多く、離婚したものも「やはり子供のためには良くない決断だったかな」と妻だけではなく夫側にもそのような心境が生じてきます。

そうなれば子供がいることで「子供に優先して夫婦生活をやり直したい」と思い、復縁をしやすいこともあります。

離婚をした後も夫と話し合いをしているときに、子供のことを気にかけているようであれば、「もう一度やり直さない?」と軽く提案してみることもできます。

子供ことを気にかけてくれているなら、それがきっかけとなって「夫婦で一緒に育てていこう」と気持ちを切り替えやすくなります。

子供がいる夫婦のみとなりますが、子供がいるなら復縁は行いやすいです。

【参考】離婚したけど復縁したい!子供がいると復縁の可能性が上がるって本当?

連絡を頻繁に取り合っている

お互い離婚をした後も頻繁に連絡を取り合っている状態であれば、復縁をしやすくなります。

必要最低限のことしか話さないなら、元夫側も「復縁を望んでいない」という態度になってしまいます。

しかし頻繁に連絡を取り合っている状況であれば、元夫側も妻に対して大きな嫌悪感を抱いてはいないということになるので、お互いに良い関係を築きやすい環境とも言えます。

良い関係を築くことができている証拠としては、お互いの状況や問題を把握しており、どうでもいいことも話せることができており、仲良く笑いながら話すことができているという点です。

このような良い状態であれば復縁の可能性も大きくなります。

ただし元夫から見れば友達のような感覚で見られていることもあるので、その点は話しているときに確認する必要があります。

また致命的な離婚をした夫婦であれば、いくら大事な用事があったとしても「連絡をしたくない」、「声なんて一切聞きたくない」という思いが強く、連絡の頻度も落ちてしまうので気をつけましょう。

復縁が見込めない状況とは

海に向かって一人座り込む女性

自分が「復縁したい」と思っていても状況によっては復縁できないこともあります。

どのような状況であれば復縁することができないのか紹介していきます。

元夫に恋人や結婚相手がいる場合

「元夫と復縁したい」と思っても、元夫にすでに恋人がいる場合や結婚を考えている人などがいる場合は復縁の見込みはありません。

恋人がいるという時点で元夫としても愛情や自分の気持ちはすでにその恋人の方に向けられており、元妻に対しては「すでに終わった関係」と切り離されていることになります。

そのため、元夫に恋人がいる状態などであれば自分がどんなに復縁のためにアプローチしたとしても、元夫が考えを変えることはありません。

恋人がいる場合は、残念ながら自分も違う出会いを見つけるようにするべきです。

相手が暴力などを振るって離婚した場合

元夫が結婚生活の際に暴力などを振るうDVなどをしており、それが原因で離婚しれしまった場合なども復縁を行うべきではありません。

暴力を振るうDVなどは直ぐに治せるものではなく、離婚して復縁できたとしても、また同じような結果になってしまうこともあります。

しかも復縁した後は元夫からの束縛なども強くなってしまうこともあるため、自分の身に危険が及びやすくなってしまいます。

暴力や虐待などはなかなか治るものではないので、このような状況にある場合は復縁を望むことは捨てておく必要があります。

多額の借金などを背負っている

復縁を望みんでいても元夫が多額の借金を背負っているなら、復縁することはできない状況になります。

多額の借金を抱えている状況で復縁したなら、自分も夫の代わりに負債を返していく必要があり、復縁したとするというかなりの苦労を背負う必要が生じます。

少しの借金であれば力を合わせて返済していくのは可能かもしれませんが、多額であれば返済は何年もかかってしまうので、難しい状況となってしまいます。

元夫が多額の借金を背負っているようであればいくら「復縁したい」と思っても、復縁した後の結婚生活は厳しい状況となるので、復縁する状況ではないことになります。

無職の状態である

元夫が仕事をしていない無職である場合、復縁するのは難しい状況になります。

元夫が働いておらず無職なら復縁して生活をしていくのに自分が働く必要があるので、苦労が2倍になってしまいます。

復縁する前よりも経済的にも精神的にも負担が大きくなってしまうので、無職の状態である元夫と復縁するのは自分に対しても良くありません。

元夫がリストラなどで働く気を失せている場合や事業に失敗して働いていない場合など、離婚する前とは状況が変わっていることもあるので、状況を把握しておく必要もあります。

まとめ

「元夫と復縁したい」と思った際には復縁できやすい環境や自分の努力が必要になってくることがあります。

また、復縁には相手の気持ちも大事になってくるので、元夫も「復縁をしたい」と同じ気持ちになっていることも大事になります。

もしお二人の状況が上で書いたような「復縁が見込めない状況とは」に当てはまってないなら、あなたの努力しだいできっと復縁が可能になりますよ。

あなたの努力にプラスして、占い師の先生にスピリチュアルパワーを送ってもらうことによって、さらに状況はよくなっていくでしょう。

占い師の先生は気を送ったり、神社に直接祈祷に行ってくださったりする先生方もいるので、一人で奮闘するよりも復縁への道のりは容易になります。

ぜひ、占い師の先生に相談してあなたの復縁を叶えて下さい。

おすすめの記事