白いベンチで座る男女

愛する夫と、突然離婚することになってしまい、失意のあなた。

脳裏によみがえるのは、前夫との楽しかった頃の記憶。

一人で生きていくのは不安でしょう。

かといって、今さら新しい出逢いを探すなんて無理…。

…ならば、 夫婦の復縁を目指してみませんか?

一般的に、「夫婦の復縁は7割叶わない」と言われていますが、復縁している夫婦は確実に存在します。

夫婦として一緒に過ごしていた時には忘れていた大切な気持ちを思い出してください。

「癒やす時間」をもてば、復縁の時期は早まるかもしれません。

あなたの気持ちと夫の気持ち。

どちらも最大限に尊重しながら、復縁への第一歩を踏み出しましょう。

夫婦の復縁が7割叶わないって本当?

胸に手を当てる女性

前夫との復縁を望んでいるあなた。

一体、どのくらいの確率で復縁できるのでしょうか?

厚生労働省の平成28年度「婚姻に関する統計」をご紹介しますね。

平成27年に結婚したカップル63万5156組のうち、「夫婦とも再婚」のカップルは6万1325組と、全体の9.7%になっている。

つまり、実態は1割の夫婦しか復縁できていないんですね。

さらに元夫婦が再婚した確率となると、もっと数字は低下するかもしれません。

「え、3割ぐらいは復縁できていると思っていたのに、ちょっとガッカリかも・・・」そう感じた人も少なくないでしょう。

でも世間一般では、性格の不一致や、浮気・不倫などの異性問題、義両親との確執など、どうすることもできない理由で別れる夫婦は多いのです。

そのなかでめでたく復縁再婚する夫婦がいるということ自体、決してガッカリすることではありません。

復縁に至る最も大きな理由は、「距離を置くことで、お互いが本当に大切な存在なのだと思い出した」というものです。

これはとてもすばらしいことです。

人はなかなか自分を反省できない生き物ですから・・・。

つまり、のんのんと夫婦生活を送っているカップルよりも、一度別れを経験した夫婦の方が、成熟したカップルとも言えるでしょう。

復縁は、相手のいいところを再確認し、自分の反省点を振り返った夫婦のみが達成できる偉業なのです。

【参考】「離婚した元夫と復縁したい」と思うときの6つの対処法とは?本当に復縁していいか注意点も教えます

確実に元の旦那と復縁したいあなたへ

夫婦の復縁は1割未満・・・という事実を聞いて、ちょっとショックですよね。

でも大丈夫。

旦那の気持ちを的確によみとり、それに合った行動をしていけば復縁への道のりは遠くありません。

復縁には焦りは禁物なのです。

そんなあなたの復縁願望に一筋の希望の光を照らしてくれるのが、復縁に強い占い師です。

「一人では無理!」と思っていたことも、数々の復縁を叶えてきた占い師に相談することで、ぐっと理想が叶いやすくなります。

私みずほがご紹介するオススメの占い師をピックアップしましたので、ぜひ見てみて下さい。

あなたの復縁が叶うことを心から願っています。

復縁できないのは、傷が癒えていないから

黄昏を見つめる男性

それではなぜ、夫婦の復縁がなかなか叶わないのでしょうか?

それは、離婚をしたときの「マイナスな感情」を、ずっと引きずっているからです

離婚というのは、なにか大きな理由があって、起こってしまった出来事のはず。

悲しい思いをしたこと、ツラかったこと、たくさん傷つけられたこと、両親に心配をかけたことがぐちゃぐちゃに混ざり合っているでしょう。

その記憶に引きずられているうちは、復縁はできません。

時間をかけて、ゆっくりと傷を癒してから、ようやく復縁に向けて歩き出せるのです。

もちろんそれは、あなただけでなく、相手にとっても同じこと。

あなたと過ごした時間が、相手にとってマイナスな記憶として残っているうちは、たとえあなたが復縁を切実に願ったとしても、叶うことはありません。

お互いの傷が充分に癒えるのを待つことが大切なのです。

復縁が叶わないと嘆く人は、たいてい焦りすぎています。そして、自分の立場でしか物事を考えられていません。

あなたが相手に傷つけられたのと同じくらいに、相手もあなたによって傷つけられたはずです。

まず第一に、相手を思いやることから始めましょう

離婚した後の旦那の気持ちとは?

腕を組む男性

愛する妻と離婚したあとに「復縁したい」と願う男性は、実はあまり多くないのです。

一体、どうしてだと思いますか?

離婚によって傷ついた気持ちを、いつまでたっても覚えているからです。

離婚するときは、役所手続きや財産分与など、やるべきことがたくさんあります。

それらを行ううちに、精神面はもちろん、身体も疲れていきます。

男性は、この疲労感から、うまく抜け出すことができないのです。

離婚した直後から数ヶ月間は、お互いに心の傷を癒す期間だと捉えましょう

場合によっては、もっと長い期間が必要なこともあります。

この状態を乗り越えて初めて、男性は「復縁したい」と感じられるようになります。

時間が経ち、ザワザワしていた気持ちが落ち着き始めると共に、「離婚する前は、人生が充実していた」「あの人と居ると、安心感があった」と気づき始めるのです。

夫が、「妻のおかげで、今までの苦難を乗り越えてこれたんだな」と思い出してくれたなら、復縁への道筋は見えたも当然です

ですから離婚した夫に連絡する場合は、少し冷却期間を設けてみましょう。

離婚当初は冷たかった夫も、別れて時間が経ったことで、意外な反応をしてくれるかもしれません。

【参考】夫から離婚を切り出された場合でも復縁することは可能!5つの対処法を教えます

素直に気持ちを伝えることが大切!

植物で作ったハート

どれだけあなたの気持ちが強くても、「どうしてもやり直したい」「夫と仲直りしたい」と願うだけでは、復縁にはつながりません。

まずは、関係修復のキッカケ作りから行っていきましょう。

あなたたち夫婦の間に子どもがいる場合、「子どもと一緒に過ごしたい」という想いの共有が、夫婦関係の修復につながりやすいです。

とはいえ、それでは「本当の意味での修復」とは言えないかもしれません。

もし本当にあなたが旦那を愛していて、これからも一緒に生きていきたいと願うのであれば、キッカケは自分から作りましょう。

これまでのあなたは、自分の本音や想いをちゃんと伝えていたでしょうか?

自分の気持ちを相手に伝えることは、相手の気持ちを知ることにもつながるため、とても大切なことです。

伝えなければ、何も始まらないのです。

やり直したい気持ちを素直に伝えることが、復縁への道筋を作ります

旦那の心境を考え、タイミングを見計らいながら伝えることで、復縁できる可能性はさらに高まるでしょう。

復縁の冷却期間は「半年間」

祈る女性

「自分の気持ちを伝える!」とは決意したものの、一体どのくらいの期間をあけて伝えたらいいのかわからず悩んでいる、という方も多いのではないでしょうか。

離婚した相手が「復縁したいな」「あの頃は楽しかったな」と感じ始めるのは、ある程度の時間が経過してからです。

別れた直後は、そんな風には考えていません。

なぜなら、別れたときというのは、怒りや悲しみ、憎しみなどのマイナス感情が混ざり合い、相手を嫌っていることが多いからです。

そんな気持ちが残っている状態では、「復縁したい」と感じるわけがありません。

まずは、お互いの冷静さを取り戻すことが大切です。

それには、最低でも半年間は必要なのです。

一体なぜ、半年もの冷却期間が必要なのでしょうか?夫婦が離婚した後の心境の変化を辿ってみましょう。

離婚して1ヶ月は、気持ちの整理どころか、身の回りの整理に時間を取られます。

恋人の別れとは違い、夫婦の別れには、役所手続きや財産分与、引っ越しなど、やるべきことがたくさんあるからです。

2、3ヶ月目になると、身の回りの整理はほとんど片付いて、普通に日常生活が送れるようになります。

時間の余裕が生まれるので、ふと結婚生活を思い出すこともあります。

しかしこの時期は、そのたびに「これで良かったんだ、間違ってはいないはずだ」と思い込もうとします。

自分の判断は間違っていなかったと、強く言い聞かせることで、自分を正当化しようとするのです。

そして4、5ヶ月目には、夫婦別々の、ひとりきりの人生を歩むことにも少しずつ慣れ、心の余裕が生まれはじめます。

心の余裕は、エゴからの脱出につながります。

「これで良かったんだ!」とムリヤリ思い込む状態から、「本当にこれで良かったのかな?」と考える状態に変化していきます。

自分や相手の気持ちを、冷静に、落ち着いて考えられるようになるのです。

最低でも、半年間の「冷却期間」が必要なのは、多くの人が、離婚後にこのような経過を辿るからです。

離婚後は、復縁したいという強い気持ちで焦って行動しがちですが、じっくり待つことも大切です

離婚理由ごとの注意点3つ

男性に背中を抱かれる女性

どんな時も添い遂げると約束し、愛を誓い合ったはずの2人。

そもそも、どんな理由で離婚してしまうのでしょうか?

現代の離婚理由は、「性格の不一致」「お金の問題」「異性の問題」の3つが多いとされています。

この3つの理由。よくよく考えてみると、決して相手ひとりの問題ではないものばかりです。

ひとつひとつ確認していきましょう。

性格の不一致

離婚の原因で1番多いのが、「価値観が合わない」という理由です。

その多くは、「一緒に暮らしてみたら、性格が合わなかった」「自分の価値観とは大きくかけ離れていた」など、もっともらしい理由で離婚しています。

しかし、価値観が大きく違っていても、仲良く連れ添っているご夫婦を、見かけたことはないでしょうか?

そうです。「価値観の違い」は、必ずしも離婚の原因になるわけではないのです。

では、一体何が違うのでしょうか?

それは「相手を思いやること」です。

価値観の相違が原因で別れた夫婦は、どちらか、もしくは両方が、自分の価値観を相手に押し付けていることが多いです。

自分と相手の育ってきた環境を勝手に比較して、あたかも正論かのように、自分の意見を押し付けます。

押し付けられた方も、「自分の価値観こそが正解だ」と思っているため、イザコザが生まれてしまうのです。

もしもあなたが、本当に心から彼との復縁を望んでいるのなら、自分の価値観を押し付けるのはやめにしましょう。

次は、旦那の価値観を尊重してみるのです。

金銭問題

「旦那が生活費を渡してくれない」「夫がお金を使いすぎて、困っている」という女性も多いです。

お金のことは、生活に直結するため、問題が生じやすいのです。

ですが、金銭面で問題が生じた場合、あなた自身の支出や収入を見直すことも重要です。

もしも、あなたが専業主婦であるならば、まずは自分で稼ぐことを考えるのが最優先です。

子どもがいるからとか、家に居ないといけないからとか、そんな言い訳は通用しないと考えましょう。

厳しいようですが、女性がある程度自立していないと、良い夫婦関係は築けません。

あなたの収入が「0円」の状態では、夫が稼いできたお金について、とやかく言える筋合いはないのです。

あなたの夫がどれだけ優しくて、稼ぎがあったとしても、あなたが自立していなければ、結婚生活に亀裂が入ります。

1万円でも5千円でもいいんです。

内職だって、趣味の延長だっていいんです。

まずは「おんぶにだっこ」の状態から抜け出し、自分自身でお金を稼げるように努力してみましょう

「自分自身でお金を稼げる」という状態は、あなたの心のゆとりにもつながります。

自立した女性は、とっても魅力的です。世の中のデキる男性は、自立した女性に魅力を感じます。

あなたが自立を果たすと、あの頃にはうまくいかなかった関係にも、本物の愛が芽生えるかもしれません。

異性問題

夫婦の離婚の原因として多いのが、「夫の浮気」です。

旦那が他の女性を抱いたことを想像したら、なんだか気持ち悪い感覚になりますよね?

夫が浮気した場合、妻が「生理的にムリ」と感じ、関係修復には至らず、離婚することが多くあります。

しかし実は、「浮気をした理由」を知ることこそ重要なのです

もしも旦那の浮気が、出来心で1回だけ…、というような軽いものだったのであれば、寛容な心で許してあげるのもアリかもしれません。

厄介なのは、愛人を囲っていたり、本気の恋愛をしていた場合。

モチロン悪いのは浮気した側なのですが、浮気した側にも、それなりの理由や背景が見え隠れしていることがあるのです。

夫婦間でセックスレスだったり、妻から冷たくあしらわれていたり、ひどいときは馬鹿にされていたり・・・。

男性はプライドの高い生き物です。自尊心を傷つけられると、大きなダメージを受けます。

夫婦関係の中で傷つけられたプライドを癒やすように、「本気の恋愛」として、浮気をしていることがあるのです。

夫の浮気が原因で離婚した場合、復縁を目指す際には、自分自身が夫にどんな態度を取っていたのかを振り返ることが大切です。

奥様自身が、浮気の原因を作っているケースというのは、とても多いのです。

復縁の神様といえば、「出雲大社」

鳥居

「復縁を切り出したいけど、勇気がなくて言い出せない…。」そんな時は、神様のチカラに頼るのも、ひとつの手かもしれませんね。

御縁、復縁の神様といえば、「出雲大社」です!

出雲大社は、現在、日本国内に存在している神社の中で、ご縁に関してはダントツの人気を誇る神社です。

この出雲大社にまつられている大国主大神様は、古くから「縁結び」の神様として信心されています。

「復縁」とは、「離縁していた者同士が再び縁を築くこと」ですから、「縁結び」の出雲大社は、復縁を望む人たちにとっても、心強い存在なのです。

「縁結び」には、夫婦間のみならず、恋人間のご縁、家族間のご縁、そして友人間のご縁など、「世の中にある、あらゆるご縁を結ぶ」という意味合いがあります。

また、人だけではなく、幸せとのご縁も結んでくれるのだと言われています。

出雲大社は、特に女性からの人気が高い神社で、出雲大社に行ったことで勇気をもらい、実際に復縁した人も多くいます。

「復縁しよう」と言い出す勇気が出ないあなた。

気分転換も兼ねて、出雲大社に足を踏み入れてみてはどうでしょうか?

【参考】復縁するために占いは効果ある?

夫婦の復縁に効く「風水」とは?

インテリア

復縁に向けて努力したいのに、なぜか間が悪い。タイミングが悪い。

「運がないな…。」と感じながらの行動は、なんだかモヤモヤしてしまいますよね。

こういう時はせっかくですから、家庭運も良くしてしまいましょう。

「運気」という言葉があるように、運はその時々により変化していきます。

運気のチカラを利用して運をよくするコツは、風水を活用することです

風水は、今から約4000年以上も前に、中国で発祥した思想です。

環境の中にある「気」を利用する、という考え方をもちいています。

自分自身の気が弱っている時は、環境にある気を上手にとりこむことで、運気アップにつながります。

さらに、もともとの運が良いタイミングで風水を取り入れると、その良運は強力となり、運気のよさが継続すると考えられています。

ときおり、知人に対して「あの人、いつも運が良い気がする…。」と思うことはありませんか?

それは、強運の持ち主かもしれません。

強運の持ち主は、みずからの運気を上げるため、自分自身をつねに磨きながらも、環境の運気をおおいに活用しているのです。

では、運気を上げるために、具体的に何をしたら良いのでしょうか?

運気をあげる植物を部屋に飾ることで、運気が上昇していきます。

「クワイズモ」というハートの形をした観葉植物や、白いバラ・ユリ、すずらんやカスミソウなどの植物を部屋に置いてみてください。

これらの植物は「復縁」に効果があるとされているので、一度試す価値はありますよ。

【参考】【夫婦の復縁】夫を変える風水とは?掃除・観葉植物・花風水もオススメ

「手紙」が復縁のキッカケになるかも!

ペンとメモ帳と花

夫婦の冷却期間をきちんと置いて、自分自身を冷静に見つめ直して、神様のチカラもお借りして、風水も活用して…。

ここまで来たら、復縁の準備はバッチリです。

あとは思いを伝えるだけ。

でもなんて伝えたらいいのかわからない、なんて人もいると思います。

イチバン大切なのは、「自分の想いに素直になって、心を込めて伝えること」です。

例えば、こんな思いを込めて手紙を書いてみるのはどうでしょうか?

  • 一緒に過ごした時間が、とても素晴らしい時間であったと気付いたこと
  • 離れてはじめて、相手の大切さが痛いほど理解できたこと
  • 今でもとても大切に思っていること
  • 80年間の人生のうち、たった数年だけでなく、最期まで一緒に歩んでいきたいこと
  • ひとりではなく、他の誰とでもなく、相手と共に成長していきたいこと

正直に、あなたの想いを伝えましょう。そうすることで、相手の心は自然と動くのです。

しかし、手紙にも注意点があります!

それは、あなたの意思を一方的に押し付ける内容になってしまうこと。

相手は、手紙をもらった時点で、まだ心の準備ができていません。

ただただ「反省している」「復縁したい」とあなたの思いを羅列するだけの手紙では、相手は「重たい」と感じやすく、引いてしまいます。

相手の立場に立って考え、気持ちを考えながら、手紙を書くようにしましょう。

相手のことを思いながら書いた手紙は、復縁への素敵なキッカケとなるはずです。

夫婦の復縁エピソードをご紹介

女性を背負う男性

最後に、離婚してから4年もの歳月を経て、めでたく復縁することができた夫婦の体験談をご紹介します。

この夫婦は、30代前半の時に入籍しました。

2人とも、慣れない結婚生活に疲れが出てきていた頃。

罵倒し合い、相手を責め立てる大ゲンカが勃発。お互いにプライドが邪魔し、どちらも謝罪をしませんでした。

話し合うことを恐れ嫌がり、 向き合う勇気を持たなかった2人。ついには、LINEで離婚を決めてしまったのです。

この離婚は、結婚からわずか3年後のことでした。

離婚後は、共通の友人を通じ、お互いの近況を知ることはありましたが、かかわりは持っていませんでした。

それぞれに恋人ができることもありましたが、決して長くは続きませんでした。

ある時ご主人が、共通の友人に「離婚した後も他の人と付き合ったりしたけど、やっぱりあいつ(元奥様)が一番だったんだよな」と話したことがキッカケとなり、友人を介し、離婚から4年もたったある日、2人は初めて向き合って話し合いをすることになりました。

お互いに冷却期間を置き、落ち着いた心で、自分の思いをしっかり相手に伝えられたことで、4年の歳月を経て、復縁に至ることができたのです

「離婚したけれど、やっぱり夫のことが忘れられない」と、ツラい毎日を過ごしているあなた。

夫婦の復縁は、決して叶わないものではありません

「焦らずに相手を思いやること」「素直に自分の気持ちを伝えること」ができれば、おのずと、復縁への道すじは見え始めます。

あなたにとっても、相手にとっても、人生はたった1度きりなのです。

後悔しない人生を送るために、前を向いて、復縁目指して、一歩一歩努力していきましょう!

【参考】同じ相手と再婚した芸能人

まとめ

復縁には独りよがりの行動ではなく、相手の気持ちやペースを考えた行動が必要だということをお話してきました。

そうです、ただがむしゃらに「復縁したい!」と相手に詰め寄るのではなく、相手に「癒やす時間」を与え、あなた自身も自分をふりかえって、離婚になった原因をうけとめる必要があるのです。

でも、冷却期間を一人で耐えきれない、という気持ちも分かります。

「今すぐに旦那と一緒になりたい!」その気持ちをセーブできないのですよね。

そんなときは、誰か頼りになる人に相談するといいでしょう。

私がオススメするのは、復縁に強い占い師の先生方です。

占い師の先生なら、誰にも知られることなく、あなたの深い悩みを打ち明けることができます。

一人で抱え込まずに、まずは自分を癒やしてください。

きっと的確なアドバイスであなたを復縁に導いてくれますよ。

おすすめの記事