草むらで抱き合うカップル

私は働きながら主婦をしています。

以前は夫と別居までしましたが、今はお互い休日も一緒なので、行きたいところに出かけたり、家でくつろぎながらTVを見たりと楽しい時間を過ごしています。

私と夫のこれまでのいきさつを読んで下さい。

大学で出会った彼

私と彼は大学で知り合いました。二人とも同じ文学部です。

同じ学部だということで授業で席が近くなることがありました。

何度か顔を見かけてお互い気にしはじめるようになり、よい関係になっていきました。

休日に一緒に出かけたり、大学の勉強でわからないところがあったら教えあったりなど、仲良くしていました。

これまでは、女友達とよくショッピングに行ったり食べ歩きをしたりしていましたが、彼氏ができたことで舞い上がり、彼とばかり遊ぶようになりましたね。

彼と結婚

私と彼は大学を出るまでは結婚はしないと決めていました。

大学生で結婚をしても生活が不安定だということが理由です。

また彼の両親は実直で昔気質な人なので、大学生で結婚するなんて反対するだろうという考えがあったからです。

焦って両親に報告をして、彼の両親へ私の印象が悪くなってしまってはいけません。

そのため、お互い大学を卒業するまで待っていました。

大学卒業をして彼の収入が安定してきたころ、私たちは結婚しました。

私も働いていてある程度収入があったし、彼も収入がしっかりとしていたので、2人の両親もすんなりと結婚を認めてくれました。

思っていたよりもスムーズに認めてくれたので驚きましたが、2人の望みが叶ってほっとしましたね。

最初、結婚生活は順調でした。

大学卒業までずっと待っていた結婚です。

やっと2人で暮らせるようになり、幸せな毎日を過ごしていました。

結婚前と同じように休日にはたまにデートに出かけ、平日には仕事から帰ってきてから私が手料理をきちんと作るなどしていたので、円満な家庭でしたね。

心が離れていく二人

しかし2人の間にだんだんと溝ができてきました。

2人とも仕事をしているので、どちらも忙しいことには変わらないのに、家事を行っているのは主に私です。

どんなに忙しくても手料理を作り、掃除や洗濯もしっかりとこなします。

もともとまじめな性格なので、きちんと家事をしなければならないという思いがあるのです。

結婚生活を送っていくうちに、だんだんと精神的にも肉体的にもそれが大変になってきました。

せめて夫が家事を手伝ってくれれば負担が少しは減ったのでしょうが、夫はほとんど手伝ってくれません。

一度家事を手伝って欲しいということを伝えたことがあります。

そのときの夫の返事は「俺だって忙しいんだ」「疲れているから休ませて欲しい」というものでした。

仕方がないと一度は思いましたが、やはり自分一人だけが家事を負担しているのは不公平だという怒りが収まりません。

感謝の言葉を言ってくれればまだやりがいを感じられますが、結婚当初は言ってくれていた「食事がおいしい」などの言葉は次第になくなり、家事にやりがいを感じることができなくなりました。

ついに別居へ

とうとう我慢ができなくなった私は、実家に帰ることにしました。

両親は子供思いの人たちなので、帰ってきた私をすんなりと受け入れてくれました。

実家では母が家事を主に行っているので、私はやっと家事から解放されました。

結婚をしていたときはどれだけ大変だったか、どれだけ自分一人で頑張ってきたのかは、実家に帰って改めて感じたのです。

夫と暮らしていたときには肉体的にも精神的にもゆとりがなくなっていましたが、実家に帰ってきてからは肉体的にも精神的にも回復しました。

当時、親しい女友達にこう言われました。

「結婚生活をしていたときのあなたは、大学時代とは違い疲れている印象しかなかった。でも別居してからはイキイキとしているね。」

この言葉で、自分がよっぽど結婚生活に疲れていたのが分かりました。

占い師に相談

でも日に日に夫を思い出すようになり、心が不安定になってきました。

家事以外は優しい夫、その夫をおいて一人出てきたことを後悔しはじめました。

「これで本当によかったのか」と悩みに悩んだ結果、今まで頼ったことのなかった占い師に相談することにしました。

私は地方に住んでいるので、近くに占いの館みたいなものはなく、電話占いの使いました。

緊張しながら先生とのやり取りが始まると、すごく穏やかな先生で口調もとても優しくて、私は話しながら泣いてしまいました。

先生は私の辛い気持ちを包んでくれ、「相手は貴女のことが本当は愛しているから、落ち着いて時を待って」といわれました。

夫が私に家事を任せきりにするのは私のことを信頼しているからだと言われ、必ず反省して私のところに戻るとも言われました。

私はすごく勇気が出て、心が晴れやかになり寂しさが少しずつ減っていきました。

夫の心の変化

しばらくして、風のたよりに夫が私がいないことで困り始めていることを聞きました。

これまで妻が家事をすることを当たり前に感じていた夫ですが、妻がいなくなったことで自分がすべてやらなければならなくなり、実際やってみてどれだけ大変かわかったようです。

こんなにも大変なことを毎日毎日ほぼ一人でやっていたのだから、それは大きな負担だっただろうと別居してやっとわかったのです。

妻がそばにいてくれたからこそ、自分が安心して仕事ができたし、楽しい時間を過ごせていたことにも気が付きました。

そしてもう一度結婚生活をやり直そうと決意をしたようです。

復縁への道のり

復縁を考えた夫は、私の実家にやってきました。

電話やメールで謝るだけではダメだ、きちんと向き合って話し合う必要があると考えたようです。

そういったところはしっかりしている夫なのです。

両親は私たち夫婦が仲良く結婚生活をおくることを望んでいたので、妻を迎えに来た彼のことを快く迎えました。

私は夫に会うことに少し躊躇しましたが、このままではいけないという思いがあり、話し合うことにしました。

私と夫との間では、これからは家事を分担すること、仕事もあって疲れているだろうから毎日手料理を作らなくてもいいこと、たまには手抜きをしてもいいことを話しました。

私は自分で言うのもなんですがまじめな性格なので、こういったことをはっきりと決めておかないと、別居前のように一人で頑張ってしまいます。

同じような失敗を繰り返さないために、復縁をするにあたってこれからの結婚生活のルールのようなものを話し合ったのです。

話し合いはスムーズにはいかず、お互い意見の不一致もあり、何度か夫が私の実家に足を運びました。

そして話し合いの結果にお互い納得をして、復縁をすることになりました。

復縁のきっかけ

復縁をするために大切だったことは話し合いです。

2人で納得できる結果を導きさせたからこそ、復縁をすることができました。

何度も私の実家に足を運んでくれた夫は根気強いです。

あきらめずに話し合いを続けたことが、復縁をするために大切でしたね。

また私の両親の協力も必要不可欠でした。

世間では「実家には置きません」「娘にひどい思いをさせて、そんな人には会わせない」という両親もいるはずです。

しかし私の両親は子供に対して優しい人たちなので、実家に帰ってきた私を優しく受け入れてくれました。

このことが私にとって精神的な安定につながったのです。

そして私を迎えに来た夫のことも快く家に入れてあげました。

娘に対してひどいことをしていた人に対しても、私の両親は優しいのです。

この両親の影ながらの支えがあったからこそ、復縁が成功したのでしょう。

そして最後に占い師の先生。

私が不安なときに、「そのまま時を待っていればいいですよ」とおっしゃってくれたので、余計な行動をとらずにすみました。

自分の不安をあれだけ素直に打ち明けられたのは初めてでした。

夫のことを素直に受け入れることができたのも占いの先生のおかげです。

また何か気になることがあったら相談したいです。

まとめ

この奥様は真面目さゆえにご主人と上手くいかなくなって別居してしまったんですね。

でもご主人の努力もあり、復縁できてよかったです。

この奥様はいろいろな人のサポートを受けることができました。ご両親や占い師の先生です。

一本気な性格のようですから、ひとたび悩むと袋小路に入ってしまい、抜け出すのも大変だったでしょう。

復縁には人のサポートが必要不可欠です。悩んでいると周囲が見えなくなりますから、旦那が出すシグナルや復縁へのタイミングなど、見逃してしまう危険性があります。

ぜひ一人で頑張ることなく誰かにアドバイスしてもらいましょう。

私みずほも復縁経験者です。そして今の旦那と再婚できたのは占い師の先生の力があってこそでした。

もしあなたも「旦那と復縁できるか不安」「でもどうしても復縁したい」と思うなら、復縁に強い占い師の先生に頼ってみましょう。

必ずあなたの味方になって復縁を後押ししてくれますよ。

私が信頼する先生方をご紹介しますので、見てみて下さいね。

【参考】【浮気 復縁 成功 体験談②】浮気、そして夢を追って出て行った夫。でも人に相談することで焦らず復縁を果たすことができました(フリーランス/34歳/子なし)

【参考】【別居後 復縁 成功 体験談②】私よりも仕事を選んだ夫…。でも仕事仲間のサプライズがきっかけで復縁できました(専業主婦/30歳/子あり)

【参考】【離婚後 復縁 成功 体験談④】スピード婚から2年で離婚。他の男性と付き合うも、元夫を超える人は現れず復縁しました(兼業主婦/29歳/子なし)

【参考】【別居後 復縁 成功 体験談⑤】子どもを二人授かるも「自分が一番」の夫に嫌気がさし別居。でも別居中に彼も私も反省すべき点を再確認して復縁しました(兼業主婦/41歳/子あり)

おすすめの記事