海に向かって座るカップル

私と夫の間には子どもが二人できましたが、もともと自分のことが優先の彼は私たちを振り返ってくれることはありませんでした。

結局別居になり、彼は自分の行動を振り返って復縁を申し出ました。

そして私自身も夫より子供ばかり尊重していた点に気づき反省しました。

別居というクッションを挟んだことは、今後の結婚生活のプラスになったと思います。

職場で人気の彼と後輩の私

彼と出会ったのは、同じ職場だったときでした。

同じ職場で、彼が先輩ということも有りよく教えてもらったりしていました。

その時は先輩ということで、彼のことをとても尊敬していました。

彼はなんといっても、男性の中で一番仕事ができるんですね。

バリバリ仕事をこなしている姿を見て、素敵と思う憧れみたいなものを彼に対して抱いていました。

ほかの女性の間でも、そんな風な感じで彼のことを見ていると感じたのでライバルが多いなと思っていました。

競争率の高い彼でしたが、あるとき職場の忘年会があり、その帰りに一緒に歩いていると突然「付き合ってくれる?」と言われました。

確かに先輩後輩の間柄で仲良くはしていましたが、彼が私に好意をもってくれていることに驚きました。

彼のことが気になっていた私はすぐにOKの返事をしました。

付き合ってすぐに結婚し子宝にも恵まれた

順調に付き合い、なんと付き合って直ぐに結婚をしようということになりました。

彼が転勤が決まったからです。

転勤をするということは、二人が離れてしまうことになります。

そこで、彼から「一緒にいよう」と言ってもらうことができたのです。

結婚生活は、本当に楽しかったです。

憧れの先輩と一緒になれましたし、仕事内容も理解することができたので、彼の支えになれたのも私の喜びでした。

彼の方も仕事が順調で、出世していきました。

ますます仕事が忙しくなり、家に帰るのは夜中になることもありました。

しかしそれは、仕事の関係なので仕方がないと思っていたんですね。

そんな時、結婚して1年目に妊娠をして待望の子供を授かることができました。

私が描いていた理想の形で、結婚生活を送ることができると思いました。

彼の仕事が忙しいのでほとんど一人で子育てをするようになったのですが、それでも仕方がないと思って頑張ることにしました。

自分が一番の彼

結婚をしてひとり子供が出来て、子供が小学生になった時に二人目を妊娠しました。

少し一人目と年齢が離れていることもあり、妊娠や子育てについて少し不安がありました。

しかし彼にそんなことを打ち明けたりすることができません。

なぜなら彼は自分のことが一番という感じがあるので、子供のことやそのほかのことを相談する雰囲気にならないんですね。

仕事一筋であることに尊敬をしていたはずなのですが、そのことがとても辛く、夫婦としてこれでいいのかと思うようになりました。

二人目が生まれその違和感はずっと持ったままでした。

仕事以外のことは全く興味を持たない彼に対して、寂しさや虚しさを感じるようになったのです。

長く夫婦として励ましあいながら生活している友人夫婦と大きな違いがあると気づき、愕然としました。

このままでいいのか、この先一緒に生活をして行く事が出来るだろうかと不安でいっぱいになりました。

そんな時、二人目が少し発達が遅れている事が分かり、そのことを伝えた時に食い止めていた感情が爆発してしまったのです。

私の希望としては、そんなことがあっても二人で乗り越えていこうという返事を待っていいました。

ところが彼の答えは違っていました。

それは、彼は私が悪いというのです。

私の子育ての仕方が間違っているのではないかと攻めるのです。

その勢いはすごく、私が口を挟むことはできませんでした。

彼の怒る様子を見たとき、恐ろしさがこみ上げて来てこれ以上一緒に暮らすことができないと感じました。

実家に帰ることにして別居

耐えきれなくなった私は、彼が仕事をしている間に置き手紙をして、実家に帰ることにしました。

私の両親は、私を受け止めてくれました。

他に誰も頼ることができなかった私にとって、本当にありがたかったですね。

彼は3回ぐらい電話をしてきました。

口では反省していると言っていましたが、それもなんとなく本心ではない感じがしました。

また言葉尻もキツくて優しさがありませんでした。

私は帰るつもりはないことを伝えて、そのまま別居を続けることにしました。

彼がどんな生活をしているのかとふと気になって、一度家に帰ったことがあります。

すると、カップラーメンばかり食べていることがわかりました。

しかしそのことで、態度をかえるつもりはありませんでした。

彼が本心から反省して、戻って欲しいというまでは帰る気持ちを持たないことにしたのです。

結局別居は、半年続きました。

占い師に相談

しかし半年も別居をしていると、だんだんとこの先の生活のことが気になり始めました。

このままシングルマザーになるのか、でも経済的に苦しくなったらどうしよう・・・。

いろいろ思い悩むうち、一度客観的な意見を聞きたいと思うようになりました。

悩み解決策を探していたところ、たまたま目に留まったサイトが電話占いでした。

占いはあまり信じない方なのですが、この時は藁をもすがる思いだったので、何でもいいから解決のヒントが欲しくて利用することにしました。

占い師の先生はその時間帯に空いていた、出来るだけ優しそうな人を指名しました。

緊張しながら先生とのやり取りが始まると、導かれるようにあらいざらい話しました。

先生は「彼はまだあなたのことを愛していますよ。あなたが自分より子供を優先していたからすねていただけです。だから許してあげて下さい」とおっしゃっいました。

確かによく考えてみると、私も思い込みが強いところがあるので、彼ばかり悪者にしていた気がしました。

彼はただ子供に嫉妬していたのかもしれません。

彼に対する認識を改めた私は、もう一度彼と一緒に暮らしたいと思うようになりました。

彼の変わりようを見て復縁

そんな時、子供に会いたいので一度帰って欲しいと直接実家に彼が来ていました。

大いに反省をして、態度をかえると約束をしてくれたのです。

仕事は相変わらず忙しいのですが、飲み会をキャンセルして帰って来ることを約束してくれました。

「一回帰り、様子を見るようにしたら」と母親からの助言もあり、帰ることを決意しました。

すると、本当に主人は変わっていました。

自分のことが中心だったのに,そんなことはなくなっているのです。

子供のことを中心に考えてくれて、本当に愛おしいと思ってくれるようになっていました。

発達が遅れている二人目の子供のことも優しく見守る姿勢を見せてくれました。

何よりも子供の父親なので、子供たちがとても喜んでいるのです。

その姿を見たとき、やはり私は彼と復縁したいと思うようになりました。

そして元のように一緒に住むことにしました。

復縁のきっかけ

復縁をする一番のきっかけは、やっぱり家族を大切に思ってくれる主人の態度の変わり方を見た時です。

子供を愛おしいと抱きしめたり、一緒に居る時間をつくるなど、行動を変えてくれたことですね。

彼が子供の大切さを理解してくれたこと、一人で寂しい思いをして家族の大切さをしみじみとわかったことは、別居をして得たことでした。

そして占い師の先生がアドバイスしてくれたことも耳に残っています。

彼が変わらず私を愛してくれていたこと、私自身も頑なになっていて彼より子供ばかり優先していたこと・・・。

いろいろな気づきをくれた先生に感謝します。

先生に相談していなければ、復縁はなかったかもしれません。

まとめ

この旦那さんは別居をしたことで家族の大切さに気付き、心を入れ替えることができたようです。

別居をしたことで逆に家族の絆が深まり、ハッピーエンドになってよかったですね。

またこの奥様は家族に支えてもらったり、占い師の先生に相談したことも吉と出ました。

何事も一人で抱え込むのはよくありません。

あなたももし夫との別居や離婚から復縁したいと希望するなら、誰かに相談して力を貸してもらってくださいね。

一人で悩むと袋小路に入ってしまいますので、結果は望まないものになってしまいます。

もし相談する相手がいないなら、私みずほがお世話になった占い師の先生がいますので、そちらをご覧になってみてください。

数多の復縁を叶えてきた先生方ですので、きっとあなたの復縁にも力を貸してくるはずですよ。

【参考】【別居後 復縁 成功 体験談①】家事の負担が大きく別居生活に。しかし離れてみて初めてお互いのありがたみを再確認した(兼業主婦/38歳/子なし)

【参考】【浮気 復縁 成功 体験談②】浮気、そして夢を追って出て行った夫。でも人に相談することで焦らず復縁を果たすことができました(フリーランス/34歳/子なし)

【参考】【別居後 復縁 成功 体験談②】私よりも仕事を選んだ夫…。でも仕事仲間のサプライズがきっかけで復縁できました(専業主婦/30歳/子あり)

【参考】【離婚後 復縁 成功 体験談④】スピード婚から2年で離婚。他の男性と付き合うも、元夫を超える人は現れず復縁しました(兼業主婦/29歳/子なし)

おすすめの記事